任意売却のハンコ代ってなに?

任意売却とは、住宅ローンの支払いが困難となった場合に、競売よりも一般市場価格に近い金額で売却できるよう、債務者と債権者の間に仲介人を入れることにより、不動産を売却することをいいます。競売のように裁判所も通さないために強引な融通の利かない手続きもなく、債務者の判断によりできます。
任意売却の際によく耳にするハンコ代という言葉ですが、任意売却の時に劣後債権者に配分する、抵当権を抹消するための費用を意味しています。複数の債権者があった場合は、それぞれの債権者は不動産に対して抵当権の登記を行なっています。任意売却を行なうためには、全ての抵当権を抹消する必要があります。実際には、残債務合計金額が売却金額よりも上回ってしまってるために、全額の債務の返済ができないことが多いです。複数の債権者がある場合には、上位債権者から優先的に債権の回収をしていきます。そのため、劣後の債権者となると全く回収ができないこともあります。そこでハンコ代と呼ばれている抵当権を抹消するための費用が必要となります。
抵当権の登記をしている以上は、この劣後の債権者の抵当権も抹消する必要があるため、上位債権者の了承のうえ、ハンコ代を劣後の債権者に配分することで、抵当権の抹消の了承を得ることになります。
ローンが残っていても家を売るにはこちらから。